種類が意外と多いことに気付く

どんな飲み物を扱うのか

会社が多く立ち並ぶ場所では、コーヒーや水を扱っている自動販売機が多いです。
ですが公園や学校の近くになると、ジュース類が多くなります。
同じ飲み物を扱っている自動販売機でも、場所が変われば扱っている飲み物の種類が異なると覚えておきましょう。
飲みたいものが決まっていれば、それを扱っている自動販売機を探さなければいけません。

また、アルコールを扱っている自動販売機も見られます。
あまり街中では見られませんが、酒屋さんの前や、ホテルの中で姿を見かけることがあります。
子供向けのジュースを主に扱う自動販売機は、人気のキャラクターがデザインされている種類があり、子供が積極的に購入したくなるような工夫をしています。

お腹が空いた時に使える

食べ物を扱っている自動販売機があります。
会社や学校で、見つけることができると思います。
これから残業をするのに、遠くまで食料を買いに行っている時間が無いという時に使ってください。
会社の近くに食べ物を扱っている自動販売機があれば、すぐに買いに行けるので便利です。
3分ほどで温かいおにぎりや、唐揚げなどのおかずが出てくるタイプが多いです。

お菓子を販売する自動販売機もあるので、お腹が空いた時は活用してください。
うどんやそばを自動で調理して、提供してくれる自動販売機も存在します
自動販売機の中でカップ麺を作るような仕組みになっていて、安い価格でおいしいうどんやそばが食べられるのでたくさんの人から利用されています。


このコラムをシェアする